2007年04月11日

冗談じゃない! 織田裕二

織田 裕二(おだ ゆうじ、1967年12月13日 - )は、神奈川県川崎市多摩区出身の日本の俳優、歌手。

身長177.5cm。体重70kg。左利きだったが、現在は主に右を使う。釣竿は左用を使っているなど今でも左を使う時がある。視力は右1.2、左1.2。血液型A型。

桐蔭学園中学校・高等学校卒業。中学1年から高校1年までテニス部に所属。

ピッツバーグ大学日本校中退後、役者の道へ。

最初にテレビに登場したのは、1986年、おニャン子クラブを生み出した『夕やけニャンニャン』内で行われた、その男版の息っ子クラブのメンバーの募集に応募。見事勝ち抜きメンバーになる事が決まったが、メンバー入りは辞退する。

その後、1987年4月に東映映画『湘南爆走族』で俳優デビューし、江口洋介と共演。1990年頃には吉田栄作・加勢大周とともに平成御三家とも呼ばれた。

子供から大人まで幅広い年齢層に人気を持つ。デビュー当初はトレンディ路線とアイドル色が強かった為、主に20代女性層を中心にブレイクしていたが、その後は積極的にコメディや映画にも出演している。これにより織田の人柄も広く世間に知られ始め子供にも人気が出る。常に一定の固定ファンがおり、不動の人気を得ている。

役作りでは、服装や小道具にこだわり、キャラクターをつかむのに時間がかかるタイプ(本人談)。なので、脚本は出来る限り早く欲しいそうでそれが企画、脚本段階から作品に関わる理由のひとつだそうである。続編(パート2)嫌い、というより「同窓会的」なゆるい作品作りが嫌いらしい(『踊る大捜査線』に関するインタビュー等)。役作りや演技へのこだわり、作品作りにかける意気込みの強さ故、共演者やスタッフからの評価は高いものの、一部では批判的な見方もあり、ことあるごとに週刊誌のネタとされる。

主な出演作品に、ドラマ『東京ラブストーリー』、ドラマ『振り返れば奴がいる』『お金がない!』『踊る大捜査線』シリーズなど多数。歌手としては1987年4月にデビュー映画『湘南爆走族』の挿入歌のシングルCD「BOOM BOOM BOOM」でデビュー。その他の代表曲に「Love Somebody」(1997年1月)などがある。俳優の余技ではなく、表現手段として音楽活動をする数少ない俳優でもある。主演ドラマの主題歌に本人の曲が使われる事が多い。2005年ゴールドディスク賞受賞。

2001年のドラマ『ロケット・ボーイ』で主演を務めるも、椎間板ヘルニア(持病の腰痛が悪化)による緊急入院で撮影を中断する事態となった。そのため『ロケット・ボーイ』は全11話の予定だったものが全7話に再構成され、第2話放映後の4週分は『ロケット・ボーイ』を休止し、同作共演のユースケ・サンタマリア、市川染五郎の新撮シーンを加えた『踊る大捜査線』の再放送で穴埋めするという異例の措置が撮られた(結果、この視聴率が高かったため「踊る」人気が不動のものということを証明することにもなる)。

基本的に20代から容姿・風貌が変わっておらず、外見的に年齢を見分にくいタイプである。[要出典]20代前半なみの持久力と肺活量をもつスポーツマンでもある。

俳優の石黒賢とは互いに親友の仲である。映画『ホワイトアウト』で石黒を親友・吉岡役に抜擢したのは織田らしい(『ホワイトアウト』公開当時の各媒体インタビューより)。とにかくタバコが好きらしい。演じる役柄がタバコを吸う場合、まず、その銘柄から考えるそう。 葉巻にもはまっている(TVでの織田裕二ドキュメントにて。)

2004年、『東京ラブストーリー』以来13年ぶりに月9ドラマ『ラストクリスマス』に出演することになったが、13年もの間月9に出演していなかったことについて、本人はインタビューで「月9はドラマの王様であり、特別なものだと思うからあえて出演しなかったんです。だから僕は反対勢力にたって、レジスタンス的活動をしていたんですよ」と語っている(ちなみに『東京ラブストーリー』に関しては途中から役柄をつかみきれなくなり(原作と脚本と自分のイメージとのギャップが原因)、結果として演技的に失敗だったとしている(本人の弁によれば「途中放棄」とのこと))。この作品経験をターニングポイントとして、以降の作品では脚本段階から作品に関わる姿勢を強めることになる。 (NHK『トップランナー』での発言より)。

ファンや芸能界からも「主役なタイプ」と評され、あらゆるドラマ、映画では常に主演、主演級で出演。今現在でも、主演格俳優として織田主人公のドラマや映画が多い。2003年1月公開の映画『T.R.Y.』では、中国上海でロケを行い、中国語の台詞に挑んだ。演技面や性格面で、息がぴったりだった女優は、深津絵里だと言われている。大森一樹監督曰く「日本映画界で数少ない、名前で客を呼べる俳優」。

テレビドラマ

* プロゴルファー祈子(1987年 フジテレビ)
* 北の海峡(1988年 NHK)
* 十九歳(1989年 NHK) テレビドラマ初主演番組
* 邪魔してゴメン!(1989年 TBS)
* ママハハ・ブギ(1989年 TBS)
* あいつがトラブル(1989 - 1990年 フジテレビ)
* 世にも奇妙な物語 「ロッカー」(1990年 フジテレビ)
* 卒業(1990年 TBS)
* 予備校ブギ (1990年 TBS)
* 東京ラブストーリー(1991年 フジテレビ、全11話)
* 新説・三億円事件(1991年 フジテレビ)
* あの日の僕をさがして(1992年 TBS)
* 振り返れば奴がいる(1993年 フジテレビ、全11話+スペシャル番組)
* 素晴らしきかな人生(1993年 フジテレビ) 
* お金がない!(1994年 フジテレビ、全12話)*
* 正義は勝つ(1995年 フジテレビ)*
* 真昼の月(1996年 TBS)
* 踊る大捜査線(1997年 フジテレビ、全11話)*
* 踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル(1997年、フジテレビ)*
* 恋はあせらず(1998年 フジテレビ、全12話)*
* 踊る大捜査線番外編 湾岸署婦警物語 初夏の交通安全スペシャル(1998年、フジテレビ)*
* 踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル(1998年、フジテレビ)*
* ロケット・ボーイ(2001年 フジテレビ、全7話)*
* 真夜中の雨(2002年 TBS、全11話)(※主題歌「そんなもんだろう」[作詞曲・ASKA]を歌う)*
* ラストクリスマス(2004年 フジテレビ)*
* 冗談じゃない!(2007年 TBS)

常に主演クラスでのキャスティングであるためか、エンディングで本人の楽曲が使われる事が極めて多い。*は主題歌も歌った。

wikipedia


posted by 冗談じゃない! at 09:08| Comment(1) | TrackBack(2) | 冗談じゃない! 出演者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして^^

突然のコメント失礼します。

私の芸能サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://idole7.livedoor.biz/archives/50120247.html
です。
これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by アイドル登場! at 2007年04月11日 10:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ラグビー決勝 伏見工×桐蔭学園
Excerpt: 埼玉県の熊谷ラグビー場で開催されていた第8回全国高校選抜ラグビー大会は決勝が行わ
Weblog: れみいまるたん
Tracked: 2007-04-11 14:40

冗談じゃない!- 初回
Excerpt: 4月~6月期ドラマの初回視聴率が出揃いましたね。1月~3月期に比べると、全体的に視聴率が低く、低調感を感じます。ですが、そんな中、トップの視聴率をかざったのは、「冗談じゃない!」。 昔の恋人(大竹しの..
Weblog: 芸能情報大好きな人のためのブログ。
Tracked: 2007-04-20 01:27

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。